大阪で不妊治療を行う場合の基本的な流れについてをご紹介

SITEMAP

Infertility

原因不明の不妊「ピックアップ障害」とは

赤ちゃん

不妊検査や不妊治療を受けても特に異常は見られなかったにも関わらず、妊娠に至らない場合を機能性不妊と呼んでいます。機能性不妊の一つの原因として「ピックアップ障害」があると考えられています。
通常卵子と精子が受精するためには、卵巣から排卵された卵子が卵管内に入り、卵管内で精子と出会う必要があります。卵管の先端には卵管采と呼ばれる器官があり、卵子を卵管内に取り込みます。
しかし卵管采が上手く機能しないと、排卵された卵子を上手く卵管内に取り込むことができません。これをピックアップ障害と呼んでいます。卵管采が上手く機能しない理由については詳しい原因は分かっていません。卵巣や卵管の癒着がある場合にピックアップ障害が起こる場合もありますが、卵管采の形状に問題がなくても、ピックアップ障害は起こると言われています。
しかしピックアップ障害があるからといって絶対妊娠しないわけではありません。月経周期によっては運よく卵管采が卵子をキャッチ出来、妊娠に至る可能性もあります。ただし可能性は高いとは言えません。そのためピックアップ障害を指摘された場合は、排卵誘発剤を使用する、体外受精を検討するなどの不妊治療も視野に入れて、妊活を行っていく必要があると思います。はっきりした原因が分からないと不安だと思いますが、夫婦間で、また担当医と相談しながら不妊治療方針を決めて行ってくださいね。

TOP